本ページはプロモーションが含まれている場合があります。
生活西東京市

【ザックザク田無肉の宝屋】地元民が通う肉屋の絶品!豚レバーで作る家呑みの唐揚げレシピ

生活

みなさん、こんにちは!私は東京都西東京市の田無に住んでいます。週末はバイクでお出かけするのが大好きです。田無と言えば、なんと言っても田無アスタ専門店街の地下1階にあるザックザク田無肉の宝屋さん!そこで出会った豚レバーを使って私が作った唐揚げをご紹介します。

豚レバーの唐揚げ

豚レバーが大のお気に入り

実は私、お肉全般が大好物なんですが、その中でもレバーは特に気に入っています。レバーと言えば、”くせがあって苦手”というイメージを持つ方が多いかもしれません。

でも、ザックザク田無肉の宝屋さんの豚レバーは正しく下処理をすると臭みが少なく、むしろ上品で濃厚な味わい!ジューシーでやわらかな食感も堪りません。レバーが苦手な方も、この豚レバーなら気に入ること間違いなしですよ。

衝撃の唐揚げ!中ふっくら、外カリカリの食感

タカラ焼酎ハイボールレモンと

そんな豚レバーで先日、私は唐揚げを作ってみました。想像を遥かに超える驚きのおいしさでした!

唐揚げの外側はカリカリサクサク。でも中はやわらかくジューシー。一口食べると、豚レバー特有の上品でコクのある味わいが口の中に広がります。

さらに塩をふったり、レモン汁を絞るとさっぱりとした味わいに。また、マヨネーズを合わせるとリッチでクリーミーな味わいに変化。お酒のおつまみはもちろん、ごはんのおかずにするのもおすすめですよ。

ヘルシーで栄養たっぷり

豚レバーにはビタミン・ミネラル・たんぱく質が豊富に含まれているんです。

アンチエイジングのビタミンAが豊富で、貧血対策の鉄分も豊富。抗酸化力の高いビタミンEやビタミンCも含まれています。動物性たんぱく質も摂れるので、筋トレをする方にもおすすめの食材。

こんなにヘルシーなのに、とってもおいしい!一石二鳥の逸品ですね。

簡単に作れるから揚げのコツ

ご心配なく!豚レバーの唐揚げは意外と簡単に作れるんですよ。ザックザク田無肉の宝屋ではスライス済みを豚レバーがあるので、なんと切る手間がかかりません。

  1. 水をいれたボウルに豚レバーを入れ、混ぜて水をすてる。それを2〜3回繰り返す。キッチンペーパーで水気をきる。
  2. 醤油、料理酒、チューブにんにく、チューブしょうが、豆板醤で下味をつける。
  3. 片栗粉と小麦粉の衣をまぶしてサラダ油で美味しそうな色になるまで揚げる。

一手間かけるだけで、こんなに美味しい唐揚げが出来上がるんです。

ザックザク田無肉の宝屋で絶品レバーを

さて、この絶品の豚レバーはザックザク田無肉の宝屋さんで購入しました。田無アスタ専門店街の地下1階にあるこのお店は、上質なお肉を様々な部位から扱っているんです。なんと、そのお店は調理済みのお惣菜も販売していますので、買ってすぐ食べることもできます。

私がハマっているのは、レバーです。豚レバーだけでなく、鶏レバーも牛レバーも絶品!いつ行ってもきれいに手入れされた新鮮なレバーが並んでいます。

宝屋さんで買った鶏レバーを使った料理の記事もあります

田無に来た際は、ぜひザックザク田無肉の宝屋さんに立ち寄ってみてくださいね。きっと絶品のレバーに出会えるはずです!ブログにこれを書いて、宝屋さんのレバーの値段が上がることを私は恐れています!

豚レバーの唐揚げは最高の一品

改めて言わせていただきますが、この豚レバーの唐揚げは絶品の一品です!

中はふっくらとしていてジューシー、外はカリカリで食感も抜群。そして何よりも、ほんのり甘みのある上品な豚レバーの味わいが堪らない!

お酒のおつまみにも合うし、ヘルシーでごはんのおかずとしても最高です。一度食べると、病み付きになる美味しさ。是非一度、作ってみてくださいね!

私のライフスタイルブログでは、これからも田無のおいしい情報をお届けしていきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事の文章は生成AIで作成しました。
どのように作ったかを知りたい方は次のページで公開しています。

田無ぐらし

西東京市に引っ越して1年が経ちました。最寄り駅は西武新宿線の田無駅。趣味は料理、飲酒、パソコンを弄ること、御朱印集め、アニソン鑑賞、カラオケ、ピクミンブルーム、北原町のオートショップ多摩で買ったバイクでおでかけすること。

田無ぐらしをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 西東京市情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 アニメブログ プリキュアへ「#西東京市」人気ブログランキング「#田無」人気ブログランキング

田無ぐらしをフォローする
田無ぐらし

コメント