本ページはプロモーションが含まれている場合があります。
市外にお出かけ

武蔵関公園:自然と歴史が織りなす都市のオアシス

市外にお出かけ
武蔵関公園

武蔵関公園は、東京都練馬区関町北三丁目に位置する練馬区立の公園です。広さは約4.9ヘクタールで、南北に細長い富士見池を中心とした緑地公園として知られています。この記事では、武蔵関公園の魅力と歴史、アクセス方法、周辺施設について紹介します。

公園の歩道

自然との共存:楽しさ広がる公園

武蔵関公園は、武蔵野台地の湧水などによって形成された美しい富士見池を擁しています。この池ではボートに乗ることができ、穏やかな水面を漕ぐ楽しみを味わえます。公園内には遊具や砂場も設置されており、子どもたちは思いっきり遊ぶことができます。

富士見池
ボート
ボート乗り場
ダブル滑り台

公園の南側には石神井川が流れており、野鳥やカワセミなどの生き物たちを観察することができます。自然と触れ合いながら散策を楽しむこともできます。また、武蔵関公園は桜の名所としても知られており、春になると花見客で賑わいます。美しい桜の花が咲き誇る公園内で、心安らぐ時間を過ごすことができます。

武蔵関公園で見られる野鳥
カワセミがいました
カルガモちゃん

公園内には西武新宿線の電車が通る場所があり、電車好きな方にとっては特別な魅力となっています。近くで電車を見ることができるため、子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しむことができます。

西武新宿線の電車
すぐ横が線路です

長い歴史を持つ公園

武蔵関公園は、大正時代に近くの若宮神社から名付けられた「若宮遊園」として開園しました。その後、1935年には東京市が進める公園整備事業の一環として位置付けられ、1938年には東京市立の公園として移管されました。そして、1978年に東京都から練馬区に移管され、現在に至っています。歴史を感じさせる公園として、多くの人々に親しまれています。

富士見池とボート乗り場
石神井川 富士見池調節池 昭和48年6月完成 東京都

アクセス方法

武蔵関公園へのアクセス方法は以下の通りです:

  • 西武新宿線東伏見駅から徒歩5分
  • 西武新宿線武蔵関駅から徒歩10分


近隣には、早稲田大学東伏見グラウンド(安部記念野球場、アメリカンフットボール場など)、天祖若宮八幡宮、本立寺、ダイドードリンコアイスアリーナなどの施設もあります。武蔵関公園への訪れを機に、周辺の名所や施設も訪れてみることをおすすめします。

自然と歴史が調和する武蔵関公園は、都心にありながら自然を感じることができる貴重なスポットです。ぜひ、季節ごとの表情を楽しむために足を運んでみてください。心と身体のリフレッシュに最適な都市のオアシスとなることでしょう。

情報:

  • 公園名:武蔵関公園
  • 住所:東京都練馬区関町北三丁目
  • 面積:約4.9ヘクタール
  • アクセス:西武新宿線東伏見駅から徒歩5分、西武新宿線武蔵関駅から徒歩10分


公園の詳細は、練馬区の公式ウェブサイトをご覧ください。

他の写真をもっと見たい場合は次のページをどうぞ

たなしぐらし

西東京市に引っ越して1年が経ちました。最寄り駅は西武新宿線の田無駅。趣味は料理、飲酒、パソコンを弄ること、御朱印集め、アニソン鑑賞、カラオケ、ピクミンブルーム、北原町のオートショップ多摩で買ったバイクでおでかけすること。

たなしぐらしをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 西東京市情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 アニメブログ プリキュアへ「#西東京市」人気ブログランキング「#田無」人気ブログランキング

たなしぐらしをフォローする
たなしぐらし

コメント