本ページはプロモーションが含まれている場合があります。
生活西東京市

【感動】母から教わったソース焼きそばで夫と結ばれた私の物語

生活

いつものBingチャットに飽きてきたので、いつもと違う感じにしました。
この物語はフィクションです。写真は実際に筆者が作って撮ったものです。
物語に登場するお店は筆者が実際に商品を買ったお店です。

ザックザク田無肉の宝屋で購入したカナダ産豚バラブロック解凍

ソース焼きそばを作るのは、私にとっては思い出の味だ。子供の頃、母がよく作ってくれたのだ。母は、田無肉の宝屋で買った豚バラ肉ブロックを細かく切って、油で炒めるところから始めた。その香りが漂うと、私は台所に駆け寄って、手伝いを申し出た。母は嬉しそうに笑って、私にクリエイト田無西原店で買った焼きそばの麺をほぐす役目を任せてくれた。

クリエイトS.D田無西原店で購入した 3食入 焼そば はつかり麺

私は一生懸命に麺をほぐしながら、母の手際の良さに見とれた。母はソースと調味料を加えて、麺と肉を絡めていった。最後に青のりと紅しょうがをトッピングして、完成だ。私は母と一緒に食卓について、ソース焼きそばを口に運んだ。ほどよい甘辛さとコクがあって、麺も肉も柔らかくて美味しかった。

豚バラブロックを厚切りにして炒めます

母は私の顔を見て、「おいしい?」と聞いた。私は「おいしい!」と答えて、笑顔で頷いた。母も笑顔で頷いた。あの日々はもう戻らないけれど、私は今でもソース焼きそばを作るときに、母のことを思い出す。

麺を投入

私は大人になってからも、ソース焼きそばを作るのが好きだった。仕事で疲れて帰ってきても、ソース焼きそばを作ると元気が出た。私はいつも田無肉の宝屋で買った豚バラ肉ブロックと、クリエイト田無西原店で買った焼きそばの麺を使って、母のレシピ通りに作った。私は一人暮らしだったので、作ったソース焼きそばを食べながら、テレビを見たり、本を読んだりした。それが私の日常だった。

豚バラブロックを使ったソース焼きそばの完成、紅ショウガが無かったのが悔しい
豚肉の他の具はキャベツ、ニンジン、もやし、青のりです

ある日、私は友人に誘われて、飲み会に参加した。そこで私は彼に出会った。彼は私と同じ会社の別部署の人で、話しやすくて面白かった。彼は私に「好きな食べ物は何?」と聞いた。私は「ソース焼きそば」と答えた。彼は「え、ソース焼きそば?それは珍しいね」と言って、興味深そうに聞いてくれた。私は母のことや、自分で作ることや、食べることの楽しさについて話した。彼は私の話に笑ってうなずいてくれた。その日から私たちは仲良くなって、よく一緒に食事をしたり、映画を見たりした。そしてある日、彼は私にプロポーズした。

接写

私たちは幸せに結婚しました。結婚式のメニューには、もちろんソース焼きそばが入りました。私は母にも報告しました。母は「おめでとう、私もソース焼きそばを食べたいな」と言って、笑ってくれました。私は「いつでも作ってあげるよ」と言って、約束しました。私たちは新居に引っ越しました。新居のキッチンは広くて明るくて、ソース焼きそばを作るのに最適でした。

マヨネーズと絡めてうまうま

私は夫にもソース焼きそばを作ってあげました。夫は「おいしい!」と言って、大喜びで食べました。私は夫の顔を見て、「おいしい?」と聞きました。夫は「おいしい!」と答えて、笑顔で頷きました。私も笑顔で頷きました。私たちはソース焼きそばを食べながら、幸せな時間を過ごしました。私は心から感謝しました。ソース焼きそばが私に与えてくれたすべてのことに。

ええ話やないかい。

Microsoft Bingチャットで文章を作成しました

最近話題のAIチャットです。枠で囲ってある部分はBingチャットで作成しました。

豚肉を買ったお店

焼きそばの麺を買ったお店

3食焼きそば 3食95円(税別)
田無ぐらし

西東京市に引っ越して1年が経ちました。最寄り駅は西武新宿線の田無駅。趣味は料理、飲酒、パソコンを弄ること、御朱印集め、アニソン鑑賞、カラオケ、ピクミンブルーム、北原町のオートショップ多摩で買ったバイクでおでかけすること。

田無ぐらしをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 西東京市情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 アニメブログ プリキュアへ「#西東京市」人気ブログランキング「#田無」人気ブログランキング

田無ぐらしをフォローする
田無ぐらし

コメント