本ページはプロモーションが含まれている場合があります。
西東京市

🚶‍♂️ 田無を歩く冒険: 石幢六角地蔵尊の歴史と散策 🗺️

西東京市

石幢六角地蔵尊(せきどうろっかくじぞうそん)は、安永8年(1779年)に誕生し、所沢街道や鎌倉街道が交差する五叉路に立つ特別な存在です。この地には、歴史の息吹と六道輪廻を救う地蔵菩薩が込められています。それでは、詳しくご紹介しますね!😊

石幢六角地蔵尊

由来と歴史

この地蔵尊は6つの別れ道に位置し、各面には六道の救い主である地蔵菩薩が浮彫りされています。脚部には南沢道、前沢道、所沢道、小川道、保谷道、江戸道の6つの方向を示す道標が刻まれ、安永8年に建立されました。

信仰と救済

六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)の輪廻から救済されると信じられ、多くの人々に愛されてきました。その姿勢は、現代でも心の支えとなっています。

移転の歴史

昭和60年(1985年)に、元々所沢街道の北側にあった地蔵尊が、現在の位置に移転されました。この際、正面の向きを180度変えたため、道の方向は正しくありません。現在は西東京市の文化財に指定されています。

西東京市指定文化財第一号

貴重な記録と交通の遺産

石幢六角地蔵尊は、江戸時代の交通に関する貴重な遺産と言えます。六つの別れ道から広がる歴史は、当時の人々の営みを感じさせてくれます。

アクセス情報

場所は西東京市西原町二丁目5番43号。最寄り駅は西武新宿線田無駅の北西で、田無駅からは徒歩18分でアクセス可能です。

📍 アクセス情報: Googleマップ

小さいお地蔵さまが可愛い

石幢六角地蔵尊は、歴史と信仰が織りなす特別な場所。是非、足を運んでみてくださいね!😌✨

よかったら、石幢六角地蔵尊を訪れる際の感想や写真をブログやSNSでシェアしてみてくださいね!😊 田無の魅力を一緒に発信しましょう!📸✨何か他にも知りたい情報があれば、いつでも教えてくださいね!🌟

参考にしたWebサイト様

この記事の文章は生成AIで作成しました。
どのように作ったかを知りたい方は次のページで公開しています。

たなしぐらし

西東京市に引っ越して1年が経ちました。最寄り駅は西武新宿線の田無駅。趣味は料理、飲酒、パソコンを弄ること、御朱印集め、アニソン鑑賞、カラオケ、ピクミンブルーム、北原町のオートショップ多摩で買ったバイクでおでかけすること。

たなしぐらしをフォローする

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 西東京市情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 アニメブログ プリキュアへ「#西東京市」人気ブログランキング「#田無」人気ブログランキング

たなしぐらしをフォローする
たなしぐらし

コメント